D Freak Two Handed Fly Rods




ツーハンドフライロッドの楽しさをもっと多くの方へ
そんな思いから企画・開発されたDフリーク。

フライフィッシングというと、多くの方が前後に美しく伸びるフライラインを想像します。これはオーバーヘッドキャストと呼ばれる、フライフィッシングのベーシックな投げ方によるものです。ラインの軌跡が空中を前後する優雅で美しい投げ方ですが、その特性上釣り人の前後にラインが展開するため、釣り場では特に釣り人の後方にラインが通る広い空間が必要となります。湖の岸釣りなどでは、このバックスペースを確保できる立ち位置を探すのが大変な事もあります。
一方、スペイキャストやスイッチキャストと呼ばれる投げ方(ここではスペイキャストに統一します)は、後方のラインの展開の代わりに水の表面張力を利用してラインを展開させる投げ方で、釣り人の後方にごく少ない空間と水面さえあればどこでもキャストが可能となります。いままでバックの空間が無くてあきらめていたあのポイントでの釣りが可能となるかもしれません。また、スペイキャストのラインの展開の特性上、毛鉤が釣り人から遠いところを通るため、とても安全な釣りが可能です。Dフリークはこのスペイキャストの投げやすさに焦点を置き開発しました。 群馬名物の「からっ風」が吹きすさぶ真冬の利根川でキャスティングのテストを毎日繰り返すことでロッドアクションを決めていきました。実釣を伴うフィールドテストは主に中禅寺湖で行い、止水でのキャストのしやすさを検証するとともに、40~60センチサイズの鱒を何尾も掛けることでロッドの信頼性・耐久性を深めていきました。

フィールドテスト中にキャッチした中禅寺湖のブラウントラウト
*使用ロッドはDフリークのテストサンプルなので製品とは違った外観です。


DフリークのDはDループのD。Dループとはスペイキャストの時に釣り人のすぐ後ろに形作られるアルファベットのDの文字に似たフライラインの形状を差します。そしてフリーク(Freak)とは熱狂的愛好家という意味です。
そのニュートラルなアクションと素直なベンディングカーブ(曲がり方)は、スペイキャストが習得しやすく、初めての方にも安心してお使いいただけます。 大河川の本流域、中禅寺湖や芦ノ湖に代表される広大な湖など、スペイキャストを活用するだけでフィールドはグンと広がり、多くのポイントでの釣りが可能となります。

スペックは11フィート#6と#7の2モデル。継ぎ数は4本です。
フィールドテストで通った中禅寺湖の山側などでは湖岸からの木が背後や頭上に生い茂る場所も多く、13フィート、14フィートというロングロッドではキャストの時に竿先が頭上の枝に当たってしまって釣りが出来ないようなポイントでも、Dフリークなら11フィートという取り回しの良さを生かして釣りをすることが可能です。

フィールドテスト中に釣れた中禅寺湖のレイクトラウトの動画
中禅寺湖でのテスト中のハプニング動画

↑ 画像をクリックで拡大します。ベーシックモデルです。

ベーシックモデル
11フィート #6, 11フィート #7とも・・・¥56,100(税込)*竿袋が付属します。
購入者特典 ⇒ Dフリークシリーズをご購入いただいたお客様には、スペイキャスティング講習会(¥2,750 / 1回2時間)2回分の無料講習権がもれなく付きます。 注:当店にご来店できる方のみ。日時は要相談となります。


オプション
ブランクカラー変更・・・¥6,600(税込) *カラーによっては出来ない場合もございます。ご相談ください。また、納品までしばらくのお時間を頂きます。
グリップやリールシートなどパーツの変更も承ります。ご相談ください。

購入者には適合するラインシステムもご紹介いたします(当店でご用意することも可能です。ロッドと同時購入のお客様にはラインシステム割引の特典もございます)。釣り方や釣り場の状況をお知らせください。

お支払いには銀行振り込み・ゆうちょ口座への振り込みがございます。
ご注文・お問い合わせはメール(curtiscreek99@gmail.com)またはお電話(027-289-2307)で承っております。

↓ フィールドテスト中に出会った中禅寺湖の鱒たち。