フライフィッシング

 

フライフィッシングというと、未経験者の方々は「難しそう」とか「敷居が高そう」とよく言われます。たしかにそういう一面もあるかもしれませんが、ルアーや餌釣りと同じ「釣りの1ジャンル」にすぎません。球技で例えれば、サッカーとバスケットボールの違いみたいなものです。ゴールを目指すのは同じですが、投げ方や釣り方がちょっと違うのです。そして、実はこの「違い」こそがとても楽しい部分なのです。
当店では、タックル(道具)の選び方から投げ方や釣り方のアドバイス・技術指導まで、さまざまなサポートプログラムをご用意しております。 初心者・中級者の方はもちろん、「いまさら聞けない」というベテランの方々の疑問にもお応えできるよう努力しております。

カーティスクリークでフライフィッシングをトライしてみませんか?


AGLシリーズ フライロッド

AGLとは(Advanced Guide Layout)の略です。ロッド工房ESTさんとカーティスクリークで共同開発した、まったく新しい考え方に基づいたロッドの製作法です。このAGL技法により、今まで難しいといわれていたフライキャスティング(投げ方)がより身近なものへと変わりました。開発当初のキャッチフレーズは「ルアーマンのためのフライロッド」。 フライフィッシングのビギナーにはルアーみたいに投げやすく、ベテランの方にはより遠くへがコンセプトです。 では、AGLフライロッドは通常のフライロッドとどこが違うのでしょう? 気になる方は画像をクリック!!


ノースカントリーアングラー(NCA)

 

クラモチロッド

Fly (毛鉤)


バスバグ(ブラックバス用フライ)を中心にカーティスクリークヤフー店にて販売しております。
カーティスクリークヤフー店 https://store.shopping.yahoo.co.jp/curtiscreek/a5d0a5b9a5.html?X=99#CentSrchFilter1